「ごんぎつね」「手袋を買いに」などで知られる新見南吉さんの詩に曲を付けました。歌は以前にもお世話になりましたVo,の田口みさきさんにお願いしました。いつもありがとうございます。

 原詩はこういうものです・・・
 

 熊は月夜に声聞いた
 どこか遠くで呼んでいた
 熊はムクリと起きてきた
 檻の鉄棒 冷えていた
 熊は耳をば澄ましてた
 アイヌのような声だった 
 熊は故郷を思ってた
 カラマツ林を思ってた
 熊はおおんと吠えてみた
 どこか遠くでこだました

サクラユキ

2年ほど前に書いたいわゆる桜ソングです。

田口みさき(Vo.)さんに歌ってもらいました。

お互いの夢を諦められない二人が出会ってまた別れていく儚さを、サクラユキという花に託しました。

サクラユキとは架空の品種で、花の咲いている期間が非常に短く、白い花びらを付けるので散り際がまるで春に雪が降っているように見えることからつけられた名前です。

短い時間に関わらず素晴らしい歌を吹き込んでくれた、「ぐっさん」に感謝します。

ぐっさんのYoutubeのHP、URLです

https://www.youtube.com/channel/UCqm3W7fMSDujISUOc0CVI8g