音源~管弦作曲作品~

基本的にはベース弾きなんですが作曲も好きなので。

ピアノ曲や室内楽、ブラスバンド曲など自作音源はこちらにもアップしています。

http://akiracompose.seesaa.net/

盆踊り<ピアノ組曲より>

伊福部昭大先生のピアノ組曲第1番の吹奏楽アレンジです。

作曲:伊福部昭先生。編曲:森田章。指揮:佐久間104hero

演奏:ラ・ファミリア・アグラダブレ・デ・ラ・ムシカ

2016年末に4番まで編曲を終えたうちの1番です。

伊福部昭大先生風味!みたいなのを狙ってみたんですが、いかがでしょう?

Indian Summer

元はゲーム用のBGMに作成した音源で、気に入ったのでフルも作成しました。ゲームでは冒頭のテーマ部分しか使用されないですが、 ここで見ることができます。http://www.eigonochikara.com/eiken/

曲のイメージを先に指定されていたこともあり(ルパン3世)どこかで聞いたことある感じです。でも、ちょっとかっこよくありません?(#^.^#)

赤兎馬、駆ける!~クラリネットアンサンブルの為に~

赤兎馬(せきとば)とは三国志で曹操将軍が関羽を味方に引き入れるために送った、1日に千里を走れるという赤毛の馬のこと。結局、関羽は劉備の元へ帰っちゃったんですけど、この馬だけはちゃっかり頂いてきたようです。クラリネットアンサンブルの為に書いた曲で、テーマは、広大、楽天、青空、スピード、星空など。広大な大陸を走り続けて、曲の中盤、少々疲れた馬が星空のもと首を垂れて休憩を取りますが、また元気に走り始めます。もともと中国やモンゴルの広大な大地に憧れを持っていましたので、その思いを素直に曲に写し取った感じです。

Turquoize Blue~For Pf.~

ピアノソロ曲、ターコイズ・ブルー。トルコ石のことです。トルコ石は青色を濃く変化させて身に着けている人に病気を告げるんだそうで、身近にいる人が重い病気にかかった時に書いた曲です。最初は軽く考えていたんですがその病気は結構、完治するまで時間がかかりました。10年くらいです。病気とは本人はもちろん、周りにいる身近な人までも巻き込みます。今はもう大丈夫なんですが健康が1番です。なのでこれは病気の曲で、憂鬱の意味のBLUEとトルコ石の伝説を組み合わせこのタイトルとなりました。構成としては最初の動機が最後に回帰するんですが、少し変化を与えて変奏っぽくしました。

4'C No.1~木管4重奏~

木管4重奏 組曲 4’C(4度Cと読みます)4度音程にこだわって書いた曲です。

4'C No,2~木管4重奏~

木管4重奏組曲 4’C(4度C) 4度音程シリーズの2番。 

4'C No.3~木管4重奏~

木管4重奏組曲4’C第3番。緩徐楽章。

4'C No.4~木管4重奏~

木管4重奏組曲4’C第4番、4度音程シリーズの終楽章。

盆踊りーピアノ組曲よりー