2017年

8月

18日

強拍と弱拍 またはジャンルと地域 1

強拍と弱拍、について書いてみようかと思います。
ではまずリズムとは何か?という話になりますよね、やっぱり。

リズムとは〈一定の時間内で行う反復運動〉とここでは定義しまして、一定の時間内とはリアルタイムで苦もなく記憶できる長さをいいます。反復運動と定義した以上忘れてしまっては意味がないですしね。
で、その反復運動の一つ一つが色々な長さや強さや色をもちます。そこにいわゆる〈ノリ〉が生まれる。
自分はそう思っています。
うん、いいかな?こんなもので・・・。
その色々な長さや強さや色の反復物質を更にリズムにはめ込むことで強拍と弱拍が生まれる。

で、本題です。
仮に譜面上で4分の4拍子として、強拍ー弱拍ー強拍ー弱拍が1-2-3-4なのか、弱拍ー強拍ー弱拍ー強拍が1-2-3-4なのか?
4分の3だったら強拍ー弱拍ー弱拍なのか、弱拍ー弱拍ー強拍なのか?
もしも8分の8だったら強拍ー弱拍ー弱拍ー弱拍ー強拍ー弱拍ー弱拍ー弱拍なのか、弱拍ー弱拍ー弱拍ー強拍ー弱拍ー弱拍ー弱拍ー強拍なのか?それとも弱拍ー強拍ー弱拍ー強拍ー弱拍ー強拍ー弱拍ー強拍なのか?・・・。
キリがないです。

ジャンルとか地域とかで違うらしいんでそう言われればそうなんですが、まあそこはブログなのでごちゃごちゃと考えるわけです(笑)

で、結果から言いますとどっちでも良いんじゃないかな。
随分大雑把な結論ですが、考えたことがありまして(ブログですから)

ネットの発達によってどこの国の音楽でも気軽に聞けるようになった(気がします)。それによって本格的な音楽をコピー出来るようになり、ジャンルや地域の壁を越えることが可能になった。もちろんそのためには個人のそうとうな努力が必要なんですが。
でも自分は昔の人間ですから、昔の情報不足によって引き起こされていた勘違い(もしくは意図的な)が懐かしいわけです。
星のフラメンコとか・・・。
あれって多分本場の人が聴いたらびっくりするんじゃないかな。
あと、ジョンレノンの演奏したレゲエとか。
一様にいわゆる本物とは言えない音になってます。

間違いと言ってしまえばそれまでなんですが、でもその勘違いや間違いが様々な新しさを創造してきたことは否めない。その勘違いや間違いを喚起してきたのが正に情報不足だったんではないかと思います。
みんながみんな本格派になっちゃったらつまんなくないですか?

と、いうことで強拍ー弱拍問題の結論です。
どっちでもいい。

終わり。

うーん、もうちょっと続けましょう。










2017年

8月

12日

運指について

運指について考えてみました。
ジャズなどでは指クセがあって自分のやり易いフレーズを選択する事が出来るのですが、クラシックなど自分の手によって生み出されたものではないフレーズを弾く場合、一度立ち止まって指板と相談してみるととても良い解決策が見出される事があります。
まあ、どうやっても見出せない場合もあるのですが・・・。
大事なのは闇雲に自分の指クセにそのフレーズを沿わせようとしない事です。
そのフレーズには四本、五本または六本の四度チューニングの弦にとって、または自分の指の長さ、指のクセ、身体能力にとって、最適な弾き方が必ずやあるはず、という確信をもつことです。
それでも見出せない事もあるんですが・・・。
あとは弦の音色の問題もありますね。
開放弦と指で押さえた弦とでは音が違います。それにコントラバスなど弓で音を表現する事が多い場合ヴィブラートなどの問題も出てきますので、ひたすら弾き易ければ良いという問題でもない。
色々な方法を試してみるしかないですよね。
クラシックを弾くようになって一番煩わしかったのはそこでした。
自分の中には存在しない歌を歌わなきゃあならない事。
でも、必ずそれは自分の歌となって自分のポケットに入ってきますので無駄にはなりません。
まあ、音楽家にとって無駄なものなど存在しませんけどね。


2017年

8月

11日

最近の練習

最近、毎日ちゃんと練習するようになりました。
そんな当たり前な・・・と思われるかもしれませんが、毎日10分でも集中した練習を行うということはなかなかに大変なことです。
毎日ちゃんと練習を始めてみて気付いたことは、要するに練習とは記憶の保持なのだなということ。
これまたそんな当たり前な・・・と思われるかもしれません。
自分は今まで練習したらしただけ効果が積み上がって行くものだと考えていました。でも練習の記憶・・・脳内の記憶(例えば曲の記憶)、身体的な記憶(例えば運指)、良い演奏のイメージなどは日々薄れていくんですね。
練習とはその記憶をしっかりと保持して体内に固定(固定することが良いことなのか悪いことなのかはまだ結論が出ませんが)するための行為なんですね。やっと気づく事が出来ました。
遅い!!!
でも自分のペースっておそらくこんなものであって、無理にペースを上げようとしても結局、記憶の保持と固定が出来ない。
しょうがないです。自分はこんなものなんですね。
今、家庭内の事情で演奏活動はおろかセッションにさえも顔を出せない状況が続いています。でもなんとかかんとか続けないとね。
今月末から室内楽のグループに顔を出すことになっています。
その為にもしっかりと毎日練習しないと。



2017年

4月

04日

ln Focus

去る、四月一日に田口みさきファーストアルバム、「In Focus」発売記念ライヴが行われました!

まあ、なんというか一言で言えば良いライヴでしたね。
歌っている田口さんの人柄もあり、狭い会場は歌友達やら演奏友達やらで埋め尽くされました。
彼女にはユニットを長い間組んでいるベーシストもいることだし、元々演奏で参加するつもりは全く無かったのですがアコースティックベースの音も欲しいとのことで、二人のベース弾きが乗っかることとなり、結果的にとても良い経験になると共に良い思い出にもなりました。
今回はパーカッションの方が都合上参加できなかったり、ドラムセットが置けなかったり、コントラバスではなくてサイレントだったりと、制約の多い中での演奏でしたので早くも次の演奏の話が出ています。
これは何やら楽しいことの始まりの予感です。
良い春ですなあ。

2017年

3月

31日

明日のリハ!

いよいよ明日、2017年4月1日。田口みさきさんのニューアルバム「In Focus」のレコ発ライヴです。ひまわり広場で手をつなごうにて

お陰様で席はほぼ完売となったそうでありがたいことでございますなー。

サンプルとして頂いたCDのほうはなかなかな名盤となっております。

楽しみですなあ。

0 コメント

2017年

3月

24日

In Focus

コントラバス奏者として参加した田口みさきさんのアルバム、「In Focus」が完成しました。

完成を記念して四月一日に渋谷の「ひまわり広場で手をつなごう」にてレコ発ライヴがあります。
まだ若干席が残っているようなのでお時間ありましたら是非。
とても良質なアルバムに仕上がったなーと身内びいきながら、思っています。
田口みさきさんはこのような曲を書いて歌うひとです。自分の曲も歌っていただきました。
録音した曲ですので比較して聴いてみるのもなかなか面白いのではないかと。

2017年

3月

24日

Parquetly 木管6重奏

6月に木管6重奏「Parquetly」に曲提供で参加します。寄木細工、という意味だそうです。

先日、初の音合わせがあったんですが自分が考えていた以上の完成度で安心&感謝です。

曲提供者としての参加は初めてではないのですが楽器を持たないというアウェイ感はまだ慣れません。最初だけは指揮もしなければならなくて前日に寝不足になるくらい緊張して練習に挑んだのですが、結果的にとても素晴らしい経験になりました。

まだ練習なんですが・・・・

本番も草葉の陰から見守りたいと思います。

HPにアップしている「赤兎馬、駆ける」「4’C」のリアレンジを演奏してくれます。いやあ楽しみ。

会場はこちらです。

0 コメント

2017年

3月

05日

カフェオリーブにて

今日は浮間船渡のカフェオリーブさんにてデュオの演奏でした。
近くに風車のある浮間公園をバックに、絶好の日和と場所。
何と言っても駅から近い!
見に来易い!
例え雨でもここならば挫けずに見にくる事ができます。
デュオで一緒のテナー吹きの高橋弘明氏との最高客員動員数を記録しました。
ありがたき幸せ。

2017年

2月

10日

誕生日プレゼント

今週は自分の誕生日でした!

去年と同じく館林美術館に行ってポンポンのレプリカを買っていただきました。

今年は兎。

干支ではないんだけど形が可愛いので。

去年、白熊を買ったときに隣にあって気になっていたんです。

 

ようこそ。

兎さん。

2017年

2月

02日

ポンポン再び

先週のテレビ東京の美の巨人たちはポンポンの白熊の特集でした。
で、去年に館林美術館で購入したレプリカを並べて2ショット撮影してみました。

こうやって並べるとやっぱり本物はいいなー。
欲しいなー。
でもとてつもなく高いだろうなー。

うーん‥
まず顔つきが良いですよね。
本当にリアルなんだけどどこかミニマルなデザイン性の高い現代彫刻みたいで。

今年も2月の私の誕生月に白熊に会いに館林まで行く予定です。


2017年

1月

28日

レコーディング

昨日はレコーディングでした。
しかもエンジニアさんがいる別録りの本格的なヤツは人生初。

難しかったー。
同時に自分、結構な現場不慣れ感を露呈していました。
他の演奏の人たちを見てて、あーこうゆう風にやるのかと初めて分かった次第。

ライヴ録音とレコーディングってこんなにも感じが違うものなんですね。
レコーディングのほうはじっくりと組み立てていく感じ。
デジタルって凄いなーと感嘆すると同時に一抹の疑問感も。
まあ、これはこれって割り切るのが正しいんでしょうね。

良い経験でした。


2017年

1月

17日

ギャラについて

以前Facebookでシェアされた記事で、ギャラ無しの仕事を受けるのはゼロどころかマイナスであると書いてあるのを読みました。

 

その記事は依頼する側について言及してました。

 

ギャラ無しの仕事を依頼するというのはその職人が今まで培ってきた技術を無視すると共に、その技術を習得するのにかかった時間をも意味のないものとして切り捨てることとなり、すなわちマイナスになるのである・・・・・

 

うーんって考えちゃいました。

 

一応、ヤマハのグレードとか、音大の学歴とかいうものもあるけど音楽の仕事って何かしらの資格を持って行うものではないし、依頼主がくだらないと思ったらギャラなんか払いたくないだろうし・・・・

かくいう自分も作曲の仕事(?)を依頼された時に、てっきりギャラが出るものと思い込んで、書きあがった曲を依頼主に渡したら「ありがとう」って言われて終わりにされたり。

 

で、何にも言えなかったり・・・・

 

でも要するに自負なんだろうと思います。

なぜあの時ギャラを払えと言えなかったのか、それは要するに作品への自信がなかったから。

 

つまり自分のせいです。

 

ともかく作曲はどうあれ、演奏に関してはまずギャラの交渉から入るようになりました。

自信があるってことです!!!

 

素晴らしい!!

 

 

2017年

1月

14日

写真を貰いました

昨日の鶴瀬でのリハの写真を貰いました。
モモちゃんというニックネームしか聞かなかったんですが、撮ってくれた方はシンガーソングライターで写真を撮ったりしてるとのこと。
いや、流石ですな。

2017年

1月

14日

レコーディングのリハ

鶴瀬コミュニティセンターにて
鶴瀬コミュニティセンターにて

昨日は4月発売予定の田口みさきさんのアルバムのレコーディングリハでした。

このメンバーでのリハは二回目なんですが、すでにしてバンドのような一体感があります。

メンバーそれぞれの技量と田口さんの曲の魅力のお陰ですね。

発売予定は4月の1日。

タイトルは「In・Focus」

一月はそれに集中ですね。

0 コメント

2017年

1月

08日

あけまして……

あけましておめでとうございます。

今年は猫年……、ですね。


正月に自転車で初日の出ランに行きましたら、この子に一目惚れされました。


新年から縁起がいいですな。

0 コメント

2016年

11月

07日

レコーディングリハ

今日はホールでレコーディングのためのリハーサル。

曲を歌ってもらっている田口みさきさんのアルバムです。

発売予定は来年の4月。

そんなに先かーって思っていると、これがもうすぐ来ちゃうんですよ。

月日は流れます。

初めてのリハーサルなのに素晴らしい音楽家たちばかりなのでお客さんがいないのが勿体ないくらいの演奏でした。

アップした写真を撮ってくれていた方が正規のベース弾きメンバーなので、当然写っていませんが特等席で演奏が聞けて大満足の一日でした。

0 コメント

2016年

10月

30日

老犬の死

16年間も頑張って生きてくれた老犬が遂に力尽きて昨日、亡くなりました。

大型犬は大体の寿命は十年前後くらいと言われていますのでまあ、長生きな方に入るんではないかと思います。

焼いた後、骨が随分とたくさん焼け残っていたのでやはり長く生きるにはそれなりの身体的な理由があるようです。

丈夫な犬だったんですね。

写真は遺骨を少し分けてもらってカプセルに入れたものです。

随分と小さくなってしまいました。

0 コメント

2016年

10月

28日

貸し切り状態

スタートレックの新作を朝イチで見にきたら、スゴくないですか?

貸し切りです!

まあ平日の朝イチでスタートレック・・・

ちょいとマニアックではありますなあ。

もうすぐ始まります!

楽しみ!

0 コメント

2016年

10月

14日

ジャムセッション

昨晩は吉祥寺のメグでセッション。

久方ぶりのスタンダード演奏で楽しんで来ました。

久しぶりの友人も見にきてくれて、いやーフェイスブックは偉大ですなあ。

サックス吹きのAちゃん(仮)。

やりますねえ。

まだ大学生なんでしょうけど(多分)新しい音が楽しくなってきたみたいでちょっと変わったことも積極的に出してきます。

またよろしくお願いします!

0 コメント

2016年

10月

07日

資本主義の終焉

資本主義の終焉についての本を今、夢中になって読んでいます。

衝撃です。

何故株価が上がって企業は絶好調なのに個人所得は上がらないのか?

アベノミクスの三本の矢の功罪。

世界的テロリズムの時代の到来。

などが経済学を中心に据えた展開で明らかにされていきます。

まあ、いずれにせよ世界には中心が必要であると説きます。

古代には神が、中世には人間が、そして近代には資本が中心となり世界が回ります。

資本主義が終わろうとしている21世紀の現代、何が世界の中心になろうとしているのか?

その本は芸術であると書いてありました。

何となく楽しい未来を想像しちゃってワクワク。

そんなに簡単ではないのでしょうが・・・

 

 

0 コメント

2016年

10月

04日

デモ演奏

日曜日はヤマハの先生達とのデモ演奏でした。

ずーっと天気が悪かったのですが、この日はナゼか暑い暑い。しかも半開放の屋外ステージだったんでチューニングが大変でした。

でもさすがに先生達。

どんな情況でも手を抜いてはいけませんね。

手抜きをしたら自分が痛い目に遭います。

肝に命じました。

0 コメント

2016年

9月

24日

Herculesコントラバススタンド

コントラバスのスタンドを新たに一つ購入しました。後ろのやつです。

Hercules。

確かドイツのメーカーじゃなかったかな?このメーカーのギタースタンドはよく考えられていて大好きです。

今までのスタンドとは違う一歩進んだものを常に提供してくれて、

このコントラバススタンドも持ち歩きが可能なくらい折り畳みしやすく、裏側には弓を掛けられるフックまで装備されています。

しかもかっこいい。

大満足です。

 

0 コメント

2016年

9月

19日

発表会サポート

サックス奏者の高橋浩明氏(http://www.bop-life.info/index.html)主催の教室のサポート演奏をしました。

初の参加なのでよくわからないんですが、サックス吹きの皆さんは着々と経験を積んでいるようです。

やはり本番ってのは最高のリハーサルになり得るのでガンガンとやったほうが演奏も磨かれるし、何より度胸が付きますよね。

皆さんお疲れ様でした。

0 コメント

2016年

9月

17日

昨晩のライヴ CAMOOにて

はい。毎度お馴染みの松戸CAMOOです。

ずいぶん馴染みましたね。4、5回目くらいかな。

顔を覚えてくれたお客さんとかいて嬉しかったです。

またやりますのでよろしくです!!

0 コメント

2017年

8月

18日

強拍と弱拍 またはジャンルと地域 1

強拍と弱拍、について書いてみようかと思います。
ではまずリズムとは何か?という話になりますよね、やっぱり。

リズムとは〈一定の時間内で行う反復運動〉とここでは定義しまして、一定の時間内とはリアルタイムで苦もなく記憶できる長さをいいます。反復運動と定義した以上忘れてしまっては意味がないですしね。
で、その反復運動の一つ一つが色々な長さや強さや色をもちます。そこにいわゆる〈ノリ〉が生まれる。
自分はそう思っています。
うん、いいかな?こんなもので・・・。
その色々な長さや強さや色の反復物質を更にリズムにはめ込むことで強拍と弱拍が生まれる。

で、本題です。
仮に譜面上で4分の4拍子として、強拍ー弱拍ー強拍ー弱拍が1-2-3-4なのか、弱拍ー強拍ー弱拍ー強拍が1-2-3-4なのか?
4分の3だったら強拍ー弱拍ー弱拍なのか、弱拍ー弱拍ー強拍なのか?
もしも8分の8だったら強拍ー弱拍ー弱拍ー弱拍ー強拍ー弱拍ー弱拍ー弱拍なのか、弱拍ー弱拍ー弱拍ー強拍ー弱拍ー弱拍ー弱拍ー強拍なのか?それとも弱拍ー強拍ー弱拍ー強拍ー弱拍ー強拍ー弱拍ー強拍なのか?・・・。
キリがないです。

ジャンルとか地域とかで違うらしいんでそう言われればそうなんですが、まあそこはブログなのでごちゃごちゃと考えるわけです(笑)

で、結果から言いますとどっちでも良いんじゃないかな。
随分大雑把な結論ですが、考えたことがありまして(ブログですから)

ネットの発達によってどこの国の音楽でも気軽に聞けるようになった(気がします)。それによって本格的な音楽をコピー出来るようになり、ジャンルや地域の壁を越えることが可能になった。もちろんそのためには個人のそうとうな努力が必要なんですが。
でも自分は昔の人間ですから、昔の情報不足によって引き起こされていた勘違い(もしくは意図的な)が懐かしいわけです。
星のフラメンコとか・・・。
あれって多分本場の人が聴いたらびっくりするんじゃないかな。
あと、ジョンレノンの演奏したレゲエとか。
一様にいわゆる本物とは言えない音になってます。

間違いと言ってしまえばそれまでなんですが、でもその勘違いや間違いが様々な新しさを創造してきたことは否めない。その勘違いや間違いを喚起してきたのが正に情報不足だったんではないかと思います。
みんながみんな本格派になっちゃったらつまんなくないですか?

と、いうことで強拍ー弱拍問題の結論です。
どっちでもいい。

終わり。

うーん、もうちょっと続けましょう。










2017年

8月

12日

運指について

運指について考えてみました。
ジャズなどでは指クセがあって自分のやり易いフレーズを選択する事が出来るのですが、クラシックなど自分の手によって生み出されたものではないフレーズを弾く場合、一度立ち止まって指板と相談してみるととても良い解決策が見出される事があります。
まあ、どうやっても見出せない場合もあるのですが・・・。
大事なのは闇雲に自分の指クセにそのフレーズを沿わせようとしない事です。
そのフレーズには四本、五本または六本の四度チューニングの弦にとって、または自分の指の長さ、指のクセ、身体能力にとって、最適な弾き方が必ずやあるはず、という確信をもつことです。
それでも見出せない事もあるんですが・・・。
あとは弦の音色の問題もありますね。
開放弦と指で押さえた弦とでは音が違います。それにコントラバスなど弓で音を表現する事が多い場合ヴィブラートなどの問題も出てきますので、ひたすら弾き易ければ良いという問題でもない。
色々な方法を試してみるしかないですよね。
クラシックを弾くようになって一番煩わしかったのはそこでした。
自分の中には存在しない歌を歌わなきゃあならない事。
でも、必ずそれは自分の歌となって自分のポケットに入ってきますので無駄にはなりません。
まあ、音楽家にとって無駄なものなど存在しませんけどね。


2017年

8月

11日

最近の練習

最近、毎日ちゃんと練習するようになりました。
そんな当たり前な・・・と思われるかもしれませんが、毎日10分でも集中した練習を行うということはなかなかに大変なことです。
毎日ちゃんと練習を始めてみて気付いたことは、要するに練習とは記憶の保持なのだなということ。
これまたそんな当たり前な・・・と思われるかもしれません。
自分は今まで練習したらしただけ効果が積み上がって行くものだと考えていました。でも練習の記憶・・・脳内の記憶(例えば曲の記憶)、身体的な記憶(例えば運指)、良い演奏のイメージなどは日々薄れていくんですね。
練習とはその記憶をしっかりと保持して体内に固定(固定することが良いことなのか悪いことなのかはまだ結論が出ませんが)するための行為なんですね。やっと気づく事が出来ました。
遅い!!!
でも自分のペースっておそらくこんなものであって、無理にペースを上げようとしても結局、記憶の保持と固定が出来ない。
しょうがないです。自分はこんなものなんですね。
今、家庭内の事情で演奏活動はおろかセッションにさえも顔を出せない状況が続いています。でもなんとかかんとか続けないとね。
今月末から室内楽のグループに顔を出すことになっています。
その為にもしっかりと毎日練習しないと。



2017年

4月

04日

ln Focus

去る、四月一日に田口みさきファーストアルバム、「In Focus」発売記念ライヴが行われました!

まあ、なんというか一言で言えば良いライヴでしたね。
歌っている田口さんの人柄もあり、狭い会場は歌友達やら演奏友達やらで埋め尽くされました。
彼女にはユニットを長い間組んでいるベーシストもいることだし、元々演奏で参加するつもりは全く無かったのですがアコースティックベースの音も欲しいとのことで、二人のベース弾きが乗っかることとなり、結果的にとても良い経験になると共に良い思い出にもなりました。
今回はパーカッションの方が都合上参加できなかったり、ドラムセットが置けなかったり、コントラバスではなくてサイレントだったりと、制約の多い中での演奏でしたので早くも次の演奏の話が出ています。
これは何やら楽しいことの始まりの予感です。
良い春ですなあ。

2017年

3月

31日

明日のリハ!

いよいよ明日、2017年4月1日。田口みさきさんのニューアルバム「In Focus」のレコ発ライヴです。ひまわり広場で手をつなごうにて

お陰様で席はほぼ完売となったそうでありがたいことでございますなー。

サンプルとして頂いたCDのほうはなかなかな名盤となっております。

楽しみですなあ。

0 コメント

2017年

3月

24日

In Focus

コントラバス奏者として参加した田口みさきさんのアルバム、「In Focus」が完成しました。

完成を記念して四月一日に渋谷の「ひまわり広場で手をつなごう」にてレコ発ライヴがあります。
まだ若干席が残っているようなのでお時間ありましたら是非。
とても良質なアルバムに仕上がったなーと身内びいきながら、思っています。
田口みさきさんはこのような曲を書いて歌うひとです。自分の曲も歌っていただきました。
録音した曲ですので比較して聴いてみるのもなかなか面白いのではないかと。

2017年

3月

24日

Parquetly 木管6重奏

6月に木管6重奏「Parquetly」に曲提供で参加します。寄木細工、という意味だそうです。

先日、初の音合わせがあったんですが自分が考えていた以上の完成度で安心&感謝です。

曲提供者としての参加は初めてではないのですが楽器を持たないというアウェイ感はまだ慣れません。最初だけは指揮もしなければならなくて前日に寝不足になるくらい緊張して練習に挑んだのですが、結果的にとても素晴らしい経験になりました。

まだ練習なんですが・・・・

本番も草葉の陰から見守りたいと思います。

HPにアップしている「赤兎馬、駆ける」「4’C」のリアレンジを演奏してくれます。いやあ楽しみ。

会場はこちらです。

0 コメント

2017年

3月

05日

カフェオリーブにて

今日は浮間船渡のカフェオリーブさんにてデュオの演奏でした。
近くに風車のある浮間公園をバックに、絶好の日和と場所。
何と言っても駅から近い!
見に来易い!
例え雨でもここならば挫けずに見にくる事ができます。
デュオで一緒のテナー吹きの高橋弘明氏との最高客員動員数を記録しました。
ありがたき幸せ。

2017年

2月

10日

誕生日プレゼント

今週は自分の誕生日でした!

去年と同じく館林美術館に行ってポンポンのレプリカを買っていただきました。

今年は兎。

干支ではないんだけど形が可愛いので。

去年、白熊を買ったときに隣にあって気になっていたんです。

 

ようこそ。

兎さん。

2017年

2月

02日

ポンポン再び

先週のテレビ東京の美の巨人たちはポンポンの白熊の特集でした。
で、去年に館林美術館で購入したレプリカを並べて2ショット撮影してみました。

こうやって並べるとやっぱり本物はいいなー。
欲しいなー。
でもとてつもなく高いだろうなー。

うーん‥
まず顔つきが良いですよね。
本当にリアルなんだけどどこかミニマルなデザイン性の高い現代彫刻みたいで。

今年も2月の私の誕生月に白熊に会いに館林まで行く予定です。


2017年

1月

28日

レコーディング

昨日はレコーディングでした。
しかもエンジニアさんがいる別録りの本格的なヤツは人生初。

難しかったー。
同時に自分、結構な現場不慣れ感を露呈していました。
他の演奏の人たちを見てて、あーこうゆう風にやるのかと初めて分かった次第。

ライヴ録音とレコーディングってこんなにも感じが違うものなんですね。
レコーディングのほうはじっくりと組み立てていく感じ。
デジタルって凄いなーと感嘆すると同時に一抹の疑問感も。
まあ、これはこれって割り切るのが正しいんでしょうね。

良い経験でした。


2017年

1月

17日

ギャラについて

以前Facebookでシェアされた記事で、ギャラ無しの仕事を受けるのはゼロどころかマイナスであると書いてあるのを読みました。

 

その記事は依頼する側について言及してました。

 

ギャラ無しの仕事を依頼するというのはその職人が今まで培ってきた技術を無視すると共に、その技術を習得するのにかかった時間をも意味のないものとして切り捨てることとなり、すなわちマイナスになるのである・・・・・

 

うーんって考えちゃいました。

 

一応、ヤマハのグレードとか、音大の学歴とかいうものもあるけど音楽の仕事って何かしらの資格を持って行うものではないし、依頼主がくだらないと思ったらギャラなんか払いたくないだろうし・・・・

かくいう自分も作曲の仕事(?)を依頼された時に、てっきりギャラが出るものと思い込んで、書きあがった曲を依頼主に渡したら「ありがとう」って言われて終わりにされたり。

 

で、何にも言えなかったり・・・・

 

でも要するに自負なんだろうと思います。

なぜあの時ギャラを払えと言えなかったのか、それは要するに作品への自信がなかったから。

 

つまり自分のせいです。

 

ともかく作曲はどうあれ、演奏に関してはまずギャラの交渉から入るようになりました。

自信があるってことです!!!

 

素晴らしい!!

 

 

2017年

1月

14日

写真を貰いました

昨日の鶴瀬でのリハの写真を貰いました。
モモちゃんというニックネームしか聞かなかったんですが、撮ってくれた方はシンガーソングライターで写真を撮ったりしてるとのこと。
いや、流石ですな。

2017年

1月

14日

レコーディングのリハ

鶴瀬コミュニティセンターにて
鶴瀬コミュニティセンターにて

昨日は4月発売予定の田口みさきさんのアルバムのレコーディングリハでした。

このメンバーでのリハは二回目なんですが、すでにしてバンドのような一体感があります。

メンバーそれぞれの技量と田口さんの曲の魅力のお陰ですね。

発売予定は4月の1日。

タイトルは「In・Focus」

一月はそれに集中ですね。

0 コメント

2017年

1月

08日

あけまして……

あけましておめでとうございます。

今年は猫年……、ですね。


正月に自転車で初日の出ランに行きましたら、この子に一目惚れされました。


新年から縁起がいいですな。

0 コメント

2016年

11月

07日

レコーディングリハ

今日はホールでレコーディングのためのリハーサル。

曲を歌ってもらっている田口みさきさんのアルバムです。

発売予定は来年の4月。

そんなに先かーって思っていると、これがもうすぐ来ちゃうんですよ。

月日は流れます。

初めてのリハーサルなのに素晴らしい音楽家たちばかりなのでお客さんがいないのが勿体ないくらいの演奏でした。

アップした写真を撮ってくれていた方が正規のベース弾きメンバーなので、当然写っていませんが特等席で演奏が聞けて大満足の一日でした。

0 コメント

2016年

10月

30日

老犬の死

16年間も頑張って生きてくれた老犬が遂に力尽きて昨日、亡くなりました。

大型犬は大体の寿命は十年前後くらいと言われていますのでまあ、長生きな方に入るんではないかと思います。

焼いた後、骨が随分とたくさん焼け残っていたのでやはり長く生きるにはそれなりの身体的な理由があるようです。

丈夫な犬だったんですね。

写真は遺骨を少し分けてもらってカプセルに入れたものです。

随分と小さくなってしまいました。

0 コメント

2016年

10月

28日

貸し切り状態

スタートレックの新作を朝イチで見にきたら、スゴくないですか?

貸し切りです!

まあ平日の朝イチでスタートレック・・・

ちょいとマニアックではありますなあ。

もうすぐ始まります!

楽しみ!

0 コメント

2016年

10月

14日

ジャムセッション

昨晩は吉祥寺のメグでセッション。

久方ぶりのスタンダード演奏で楽しんで来ました。

久しぶりの友人も見にきてくれて、いやーフェイスブックは偉大ですなあ。

サックス吹きのAちゃん(仮)。

やりますねえ。

まだ大学生なんでしょうけど(多分)新しい音が楽しくなってきたみたいでちょっと変わったことも積極的に出してきます。

またよろしくお願いします!

0 コメント

2016年

10月

07日

資本主義の終焉

資本主義の終焉についての本を今、夢中になって読んでいます。

衝撃です。

何故株価が上がって企業は絶好調なのに個人所得は上がらないのか?

アベノミクスの三本の矢の功罪。

世界的テロリズムの時代の到来。

などが経済学を中心に据えた展開で明らかにされていきます。

まあ、いずれにせよ世界には中心が必要であると説きます。

古代には神が、中世には人間が、そして近代には資本が中心となり世界が回ります。

資本主義が終わろうとしている21世紀の現代、何が世界の中心になろうとしているのか?

その本は芸術であると書いてありました。

何となく楽しい未来を想像しちゃってワクワク。

そんなに簡単ではないのでしょうが・・・

 

 

0 コメント

2016年

10月

04日

デモ演奏

日曜日はヤマハの先生達とのデモ演奏でした。

ずーっと天気が悪かったのですが、この日はナゼか暑い暑い。しかも半開放の屋外ステージだったんでチューニングが大変でした。

でもさすがに先生達。

どんな情況でも手を抜いてはいけませんね。

手抜きをしたら自分が痛い目に遭います。

肝に命じました。

0 コメント

2016年

9月

24日

Herculesコントラバススタンド

コントラバスのスタンドを新たに一つ購入しました。後ろのやつです。

Hercules。

確かドイツのメーカーじゃなかったかな?このメーカーのギタースタンドはよく考えられていて大好きです。

今までのスタンドとは違う一歩進んだものを常に提供してくれて、

このコントラバススタンドも持ち歩きが可能なくらい折り畳みしやすく、裏側には弓を掛けられるフックまで装備されています。

しかもかっこいい。

大満足です。

 

0 コメント

2016年

9月

19日

発表会サポート

サックス奏者の高橋浩明氏(http://www.bop-life.info/index.html)主催の教室のサポート演奏をしました。

初の参加なのでよくわからないんですが、サックス吹きの皆さんは着々と経験を積んでいるようです。

やはり本番ってのは最高のリハーサルになり得るのでガンガンとやったほうが演奏も磨かれるし、何より度胸が付きますよね。

皆さんお疲れ様でした。

0 コメント

2016年

9月

17日

昨晩のライヴ CAMOOにて

はい。毎度お馴染みの松戸CAMOOです。

ずいぶん馴染みましたね。4、5回目くらいかな。

顔を覚えてくれたお客さんとかいて嬉しかったです。

またやりますのでよろしくです!!

0 コメント

2016年

9月

11日

期限ぎりぎりの非常食

九月は防災の月、ということでちょいと防災袋などを確認してみましたら、ちょうど今年の八、九月で期限切れとなる食料が出てきまいた。

しかもたんまり。

一気に買うんで一気に期限が切れるんですね。一緒に買った水も今月で期限切れです。

ミネラルなんですが、洗濯もしくはお風呂?ですかね。

で、今度はなんと25年保存できるという触れ込みのビスケットを購入。

果たして期限切れが先か、オレの寿命が先か?

0 コメント

カフェオリーブさんにて

練習について